もふもふ道場のご案内~性暴力行動を変化させたい男性のためのグループ

もふもふ道場に参加するには、初回個別面談(90分、10000円)が必要です。グループ内のリスクを一定にするためアセスメントとオリエンテーションを行います。

もふもふ道場では、性衝動そのものは自然なものとみなしていて、それを低減することではなく、暴力的・犯罪的な性衝動に気づき、自己統制していく力とスキルを身につけることを目指します。つまり、性的興奮のパターンを変えることです。 そのために、①性暴力行動を支えている非機能的認知や回避すべきリスク状況について学びます。②性衝動を社会的に認められる形で充足するには、他者との欲求や感情の調整をすることが鍵であり、自他の感情に気づき尊重することや、対等で相互的なコミュニケーションの力とスキルを伸長すること練習をします。③最後に、性犯罪行動を回避するだけではなく、自分の本当の望みを実現していくことに目を向け、自身のよりよい人生プランを含んだ再犯防止プランをたてます。

「道場」と名付けたのは、自発的な訓練の場だからです。性暴力行動は、支配‐被支配の関係であり、治療者‐被治療者といった縦の関係以上に、仲間同士の対等な横の関係を練習することが大切です。またとない練習の場であるグループを活用し、安心・安全な関係を作り、その中でともに「感情の筋肉」を鍛えましょう。性暴力の治療教育は、医者に行けば薬で治してくれるとか、修理工場に車を出せば機械工が直してくれるというたぐいのものではありません。むしろ山登りやスポーツの熟達に近いものです。ガイド・コーチ役を務めるのは、月組が藤岡、毛利、星組が奥田、益子です。藤岡、奥田、毛利は、臨床心理士で、矯正施設や社会内での性犯罪行動を持つ人々の治療教育に長く携わっています。益子は精神保健福祉士で、地域生活定着支援センターで触法障害者の支援を実践しています。ガイド/コーチは、方向や「型」は示しますが、実際に歩いたり練習をするのはあなた自身です。

最後になりましたが、メンバーにもガイドにも守秘義務とその限界が課せられます。お互いに守らなければならない約束事等については、事前に個別面談を行って詳細に説明します。その上で、双方が同意をして契約を交わしたら、グループに参加していただきます。

 入門編の月組では、最低6か月間、基本的事項の学習とワークを行います。単元としては、①リスクと思考の誤り、②行動ステップまたはサイクル、③感情とコミュニケーション、④被害者理解、⑤グッドライフを含む介入プランであり、最低12セッション(1日で2セッションなので6か月)の参加が求められます。12回で基本的単元を終え、必要があればもう6か月間、あるいは星組に移動して、再犯防止とよりよい人生のためのスキルを習得することを目指します。

 星組では、月組で学んだことを基盤に、日常生活を振り返り、今、重要なことを自由に話し合い、理解と実践を深めることを中心に行います。

 

 第一道場(月組) 入門編 スタッフ:藤岡、毛利

 月1回、原則第1日曜日、午後130016:15(2セッション連続)

 第二道場(星組) 中級編 スタッフ:奥田、益子

 月1回、原則第3日曜日、午後13:00~16:15(2セッション連続)

  場所は、新大阪オフィス

 料金は、2セッション3時間6000円です。

 

 

たぬきの会~性暴力被害女性の回復のための支援グループ

 

もふもふネットでは、月1回、サバイバー女性のためのグループを開催しています。

12時間、メンバー同士の話しあい中心で進めるゆるやかな会です。

メンバーが安全・安心に参加できるよう、臨床心理士のスタッフがサポートします。

 

現在のメンバーが「きっと同じような体験をしている人がたくさんいるはずだが、最初の一歩を進むのは不安にちがいない」という思いから、これから出会う仲間に向けたメッセージを届けてくれたのでご紹介します。

 

参加者の声

 

YOKO

「たぬきの会参加当初はまだ性的虐待について話す事に怖さや戸惑いがあり、体験を話したり、人の体験を聞いたりしてしんどくなる事がありました。ですが回を重ねるにつれ楽に話せるようになっていき、だんだん気持ちが軽くなりました。話すことで体験が整理でき、回復の大きな手助けとなったように思います。

参加して同じような事で悩んでいる仲間がいて一人じゃないと思えたこと、共感して話を聞いてもらえたことが嬉しかったです。

専門家の先生が主催されているので話しやすく安心して参加できました。今は参加してしんどくなるどころかスッキリとして帰れます。最初の一歩に勇気は要りましたが参加して良かったと思います。

 

KIYOMI 

■参加してすぐ

被害は各自さまざまですが、同じような苦しみを抱えた人たちと会えることで一人じゃ

ないと感じたこと。この場でもしパニックを起こしてもプロの先生がいてくださるとい

う安心感。このことを実感できた事で限定的に事件の事を少しずつ話せるようになりま

した。

■プログラムを終了して

一言でいうとスッキリしました。

それまでは、被害者である事を社会的に隠したい気持ちと、被害により長年影響されて

いるリアルな日常とのバランスの悪い状態(バレたくないけどわかってほしい)に答えが

ない気がしてひとりで暗い気持ちでした。けど、それは自分の一部に過ぎないと思いみ

んな同じなら一緒に考えていけばよい、と少し楽観的かつ長期的にかまえられるように

なりました。

自分の事を自分で言葉にすること、それを受け止めてくれる人がいる場がこんなにも大

事なのだと痛感しました。

■現在

たぬきの会に参加し始めてもうすぐ2年。事件から丸7年を迎えようとしています。仕事

や日常生活にもそれなりにペースをつかんで、できなかった事が少しずつできるように

なっていっています。

月一回のたぬきの会では、その間しんどい事ややる気がない事なども近況報告していま

す。互いにわかる、あるある、という共感はとてもホッとします。

気になった方は、継続する決意はいらないので、一度来てみたらよいと思います。参加

者同士、良いも悪いも影響を与えることは前提の場だと思って一歩をふんでみてくださ

い。私もいろいろ探したことはありますが、このような場は他にはないと思います。

 

 

たぬきの会は、都合のつく回のみの参加も歓迎します。

初参加の方は、当日、開始前にスタッフによるオリエンテーションを受けていただきます。

ご心配な点や不安なことがあれば、問い合わせメールやオリエンテーションでお尋ねください。

メンバーは全員、お互いの個人情報を守る約束をしていただきます。

 

【開催日時】原則第2日曜日 13時~15時 詳細はホームの年間スケジュールをご確認ください。

 

【参加条件】

・性暴力体験のある女性(おおむね18歳以上)

・グループでの話し合いに参加できる方

※事前のオリエンテーションで、個別相談や他機関をご紹介する場合もあります。

「たぬきの会」では医療的な緊急対応ができないことをご了承ください。

 

【参加費】

1回(2時間)、2,000円 (当日会場でお支払いください)

・初回オリエンテーション(約30分間)は、1,000円です。

 

【会場】

・もふもふネット・サークルルーム(新大阪駅・南方駅より徒歩5分)

 http://mofumofunet.jimdo.com/

 

【申し込み・お問い合わせ】

 

 

 tanukinokai2015@gmail.com(担当:もふもふネット 野坂祐子)